【カナダで仕事探し vol.1】効率のいい仕事探しの方法《トロントワーホリ》

 

こんにちは、1年間のカナダでのワーホリを経て日本へ帰国中のamamiです。

今回はカナダ、トロントでの仕事探しについて解説していきたいと思います。

この記事を読むとわかること

・レジュメ作りの注意点
・トロントでの仕事探しの方法3つ

・ワーホリにおすすめの仕事について

 

私は仕事探しにおいてかなり苦労した方なので、私自身の実体験と友人からの情報も含めてご紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

レジュメ作り

 

 

レジュメの書き方については詳しく説明している方が多くいるので、ここでは注意してほしいポイントのみお伝えします。

  • 自分がアプライしたい職業に関係のある職歴のみを書く
  • 多少盛って書く
  • レジュメと共にアピールポイントを書く

この3つです。

自分がアプライしたい職業に関係のある職歴のみを書く

日本の履歴書では、職歴・免許は細かく書くことが良いとされていますが、全て書いたところで見てもらえません

特に日本で社会人として働いていた頃の経歴などは実際にレジュメを持っていく事が多いであろう飲食店には関係のない仕事がほとんどです。

飲食店に持っていくレジュメであれば、関係のない職種を書くのは避けて飲食店での経験などを書きましょう。学生時代に働いていた経験が役に立つ事も多いです。

 

多少盛って書く

私は多少経験を盛る事も大切だと思っています。

例えばキッチン経験がなかったとしても、コンビニで働いていた経験がある人ならば、簡単な揚げ物調理の経験はあるはずです。なのでそれを書いてもOK。

さすがに全く経験がない事を経験があるかのように書いてしまうのは良くないですが、適度に自分をアピールできる程度に盛りましょう。

 

レジュメと共にアピールポイントを書く

メールなどでアプライする場合はレジュメと一緒にメールの本文に短く自分のアピールポイントを添えるのも大事です。応募が大量にあった場合はレジュメを見ずにメールだけで選考していく事も多いです。

何ヶ月働けるのか、週何日くらい働けるのか、その職種の経験はあるのかなどを簡単に3行くらいで書いておくといいでしょう。

 

仕事探しの方法

ここからは実際の仕事探しの方法についてです。

トロントでの仕事探しの方法は主に3つあります。

  • e-Mapleや現地のクラシファイドなどを使いネットで探す
  • 直接店に行きレジュメを配って探す
  • 友達などに紹介してもらう

 

インターネットを使って探す

自力で仕事を探す中で1番効率が良いのはインターネットで探す方法です。というのも、既に求人している所にアプライするので当たり前ですが、採用率も高いです。

インターネットから仕事を探す際のおすすめの掲示板を紹介します。

 

  e-Maple

e-Mapleはカナダ在住の日本人向けの掲示板で、仕事探しや家探しに利用することができます。

トロント・クラシファイド (求人してます) | e-Mapleカナダ
カナダ・トロント在住者向けのクラシファイド広告です。主に「求人してます」に関する広告を取り扱っています。

e-Mapleで募集している求人はジャパレスが多いです。

絶対にローカルのお店でしか働きたくないという人にはあまりおすすめできませんが、キッチンやディッシュウォッシャーの仕事であればローカルのお店でも求人を出している事があります。

ローカルのお店で働いている日本人が帰国をするため、次に働ける人を紹介してくれるような投稿もあります。投稿の全てがジャパレスというわけではないのでこまめにチェックしておくといいでしょう。

連絡をしても返ってこないこともありますが、現地の掲示板などに比べると返信率は良い方だと思います。私の場合は8割くらいは返ってきました。

日本語での掲示が多いので見やすく、日本語でのやりとりも多いのでアプライまでのハードルは低いです。

<e-Mapleでアプライする際の注意点>

  • 何度も同じような投稿をしている場所は人の入れ替えが激しいという事なので注意
  • 時給が書いていない所は最低賃金以下である可能性が高い
  • 投稿日時を確認する事

仕事探しをしていくうちに怪しい求人がわかるようになってくると思いますが、上記のような求人には注意してください。

特に時給が書いていない場合は最低賃金以下と思ったほうがいいです。

投稿日時を確認することも大切です。古い求人に応募しても既に締め切っている可能性もあります。

求人がでたタイミングですぐにアプライできるようにこまめにチェックする事、レジュメを準備しておく事が大切です。

 

現地の掲示板

現地の掲示板で探す場合、当たり前ですが言語は英語になります。

なので英語が苦手な方にとってはアプライまでのハードルも高くなります。

私はkijijiというサイトを使って何件かアプライした事があります。比較的他のサイトよりも見やすくて使いやすいのでおすすめです。

Kijiji Canada
Find Jobs in Bar, Food & Hospitality | Find job opportunities in Toronto (GTA) : become a chef or bartender, find food jobs or a position in hospitality and jui...

Craigslistというkijijiに似た他の掲示板も使ったことがあるのですが、広告が多く見づらかったので一つもアプライできませんでした。

toronto food/beverage/hospitality jobs - craigslist
toronto food/beverage/hospitality jobs - craigslist

日本でも有名なindeedというサイトも使った事があるのですが、求人自体は多いのですが、求人一つ一つの情報が少なく、いつの求人なのかわからない物もありました。

Jobs in Toronto, ON (with Salaries) | Indeed.com Canada
Search 34,273 jobs now available in Toronto, ON on Indeed.com, the world's largest job site.

時期によっても違いはあると思うので、それぞれの掲示板を比較してみるのもありだとおもいます。

現地の掲示板からのリプライ率は3割くらいでした。

英語環境がいいということであれば、狙い目はローカルレストランのキッチンやカフェスタッフです。

私の場合、何件かは面接までしてもらう事はできました。

↑こちらの記事では私が実際に働いていた場所や面接した場所についてご紹介しています。

 

レジュメ配りをして仕事を探す

 

正直にいうと、レジュメ配りはおすすめしません。

ただ単純に辛いですし効率が悪いからです。

私自身もレジュメ配りは何回かやりましたが、リプライは一件もありませんでした。

レジュメを配るお店にもよりますが、拙い英語の外国人を短期間で雇うメリットは少ないです。

もちろん、友人の中には直接レジュメを持っていって仕事をゲットした人もいるので、絶対に無理というわけではありませんが、かなり難しいという事は確かです。

どうしても働きたいという場所がある場合や、求人募集がすでに出されているところであれば挑戦してみてもいいかもしれません。

その際は、忙しい時間帯は避け、オーナーがいる時間を狙ってレジュメを持って行って見ると良いでしょう。

 

紹介で仕事を得る

 

1番いいのはこの方法ですが、仕事を紹介してもらえるような人に出会えるかは運でしかありません。シェアハウスや語学学校などで紹介してもらえればかなりラッキーですが、確実ではありません。

ですが、周囲の人に仕事探しをしている事をアピールしておくと紹介してもらいやすいので、友達やシェアメイトなどに話しておくと良いでしょう。

私は実際にシェアメイトから仕事を紹介してもらいました。

 

ワーホリにおすすめの職業について

ワーホリの人が働く職業で1番多いのは飲食店です。

飲食店といっても様々なので、それぞれの特徴を簡単に説明していきます。

 

飲食店のサーバー

レストランや居酒屋などで働くホールスタッフの事をサーバーと呼びます。

サーバーはお客さんと直接話すことができるので英語を使う機会が多くあり英語を学びたいワーホリの人には人気の職種です。

しかし、その分求められる英語力も高くなります。

更に、カナダのオンタリオ州ではお酒を扱う仕事に就く人は必ずスマートサーブという資格を持っていないといけません。

この資格は受講料の$40を支払い、オンラインでトレーニングを受けてテストに合格しなければ取得することができません。

トレーニング、試験と共に英語なので、英語が苦手な人にとってはハードルが高いです。

ですが、取得すれば仕事の幅は広がりますし、英語環境の職場を手に入れやすいのでチャレンジしてみてもいいと思います。

ローカルのサーバーはかなり難易度が高いですが、ジャパレスのサーバーであれば採用されやすく、接客で英語を使う機会もあるのでおすすめです。

 

飲食店のキッチン

飲食店でのキッチンの求人は比較的多く、ローカルなレストランでも募集している事が多いです。サーバーとして働く事が難しくてもキッチンとして働くことは十分可能です。

しかしキッチンはお客さんと接することがほぼないので、働く環境によっては英語を全然使えないという状況もあり得ます。

特にジャパレスのキッチンには日本人が多く、気づいたら日本語しか話していない…ということにもなりがちです。

英語環境を求める場合は、働いている人の中に英語を話す人がいるかどうかも確認しましょう。

 

カフェスタッフ

カフェでは「接客」と「キッチン」両方をやることが多いので、英語を使う機会も多くあります。

覚えることが多く大変ですが、その分やりがいのある仕事です。

カフェはローカルな場所でも採用してくれる事もあるので挑戦してみるのはありだと思います。

また営業時間が夕方までと早く閉まる所が多いので自分の時間を確保する事もできます。

 

美容系などの仕事

トロントでは日本人の美容師やネイリストを募集しているところもあります。日本での経験や資格があれば働く事ができるようです。

私は美容系の仕事をしているわけではないので詳しくありませんが、友人の中にはトロントの美容院で働いている人もいました。

専門的なスキルを活かして働くにはこのような職種を考えてみるのも一つの手です。

 

お金と英語環境について

 

ワーホリに行く人はだいたいの人が語学力の向上を目的としていると思います。

ですが完全に英語環境の職場を見つけるのはかなり大変です。

友人の中には、英語力がかなり高く、スマートサーブも取得しているのにも関わらず良い仕事に巡り会えず、ジャパレスのキッチンで働いている人もいました。

(ジャパレスが悪いわけではありませんし、場所によっては英語環境なところもあります。)

一方で、ネイティブばかりが働くスタバで働いていた人、ローカルなカフェでの仕事をしていた人など、英語環境で働くことができていた友人もいます。

もちろん努力は大事ですが、運次第なところも正直あります。

英語環境にこだわりすぎて、1年しかないワーホリビザを仕事探しの時間に取られてしまうのは非常にもったいないです。

働ける場所で働き、ミートアップに参加して英語力を上げたり、語学学校へ行って新たな資格を取得する事も有意義な時間を過ごす事ができる一つの手だと、私は思います。

 

まとめ

 

今回は仕事探しの方法について紹介させて頂きました。

カナダに行ってから、仕事探しがうまくいかなかったり、仕事が見つかっても思うように働かせてもらえなかったりする人も多いと思います。

私も実際そうで、1年のうちに3カ所の職場で働きましたが、給与面や英語環境に納得できず辞めた場所もありました。

軽く考えすぎるのも良くはないですが、ある程度は「生活のため」と割り切って働くのも大事だと思います。

ワーホリで出来る事は仕事だけではありません。仕事以外の場所でもワーホリを充実させるものはたくさんあります。

自分にあったワーホリ生活を考えて悔いのない1年間を過ごして貰えたらと思います。

以上、amamiでした〜。

この記事を書いた人
amami

カナダで1年間のワーホリを経験し、現在日本へ帰国中。2020年春からはオーストラリアへ滞在する予定です。カナダでの暮らしやワーホリ留学について発信していきます。

amamiをフォローする
SNSフォローボタン
amamiをフォローする
仕事探し
amami blog

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました